Panta Rhei Craft&Arts

東京都大田区池上のギャラリー パンタレイ・クラフト&アーツのブログです。
0

パンタレイ製の額ができあがりました。

パンタレイ panta 自作 額 鉄フレーム miho sadogawa 佐戸川 美穂 個展 モノクロ 写真


パンタレイ製の黒皮鉄な額、中マットを入れて出来上がりました。

ここまで結構長い道のりでした。
加工済みの4本のプレートをボルトで組んだ状態で、家人から受け取り。
次は私が担当する作業です。
もう中マット入れて額装しちゃって良いの?と尋ねたところ、
ワックスを塗ってほしいとのこと。

 

やっつけられた感が好きなので、多少のサビは嬉しいのですが
どんどん錆びてボロボロに腐食してしまっても困る…。
ということで、アンティーク家具などに塗るmylands waxなるものを
多少の錆止めのために塗ってみました。

パンタレイ panta 自作 額 鉄フレーム


塗ってみたら、いい感じに色が落ち着きました。
鉄の暗いマットなグレーに深みが増したような気が…!
試しに水滴をつけてみたら、完璧にはじいてましたね。
定期的に家具用や床用のワックスを塗ると良さそうです。

パンタレイ panta 自作 額 鉄フレーム


エイジング加工を施したボルトやワッシャーにも
ベンジンで溶いたワックスを塗っておきました。
一個ずつ塗るのめんどくさくない?と家人がしばし考え、
ベンジンを混ぜてワックスを液状にすることを思いつく。
一瞬で作業工程が終わりましたね。
自分はくそまじめに一個ずつ塗る覚悟してたのですが(笑)

一晩乾かしてから乾拭きしつつ、次は写真を額装です。
次回展示のMiho Sadogawaさんの過去作を撮影した写真を
入れていきます。

パンタレイ panta 自作 額 鉄フレーム miho sadogawa 佐戸川 美穂 個展 モノクロ 写真


中マットは四谷のRooneeさんにお願いしました。
細い枠にしたかったので加工が難しいらしく、
引き受けて下さる業者さんがなかなか見つかりませんでした。
これはもしや写真のサイズ変更か!?焼き直し!?とヒヤヒヤしましたが
引き受けてもらえて本当によかったー。
ありがとうございました…。

パンタレイ panta 自作 額 鉄フレーム miho sadogawa 佐戸川 美穂 個展 モノクロ 写真


黒皮鉄の額サイズは3種類あります。
大カビネ、カビネ、スクエア。
今回制作してみて、今度はコンタクトプリントサイズのフレームとかも
作ってみたいなーなんて思ったり。
いろいろ遊べそうです。

パンタレイ panta 自作 額 鉄フレーム miho sadogawa 佐戸川 美穂 個展 モノクロ 写真


市販額を塗装したものも額装。
中マットの威力すごいな…、写真がしまる…。
バーカウンターに並べるのが楽しみです。

次回パンタレイ営業は4月30日(土)から。
佐戸川美穂さんの個展開催と共にオープンですよー!



Miho Sadogawa Art Exhibition
Rip off the Surface
会期:2016年4月30日(土)~5月29日(日)
※土・日・祝のみオープンです。
時間:12:00-19:00
場所:Accessories and Arts Gallery Panta Rhei Craft&Arts
東京都大田区池上3-4-9 2F
東急池上線 池上駅より徒歩7分
パンタレイまでのアクセスはこちらをご覧ください。
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する