FC2ブログ

Panta Rhei Craft&Arts

東京都大田区池上のギャラリー パンタレイ・クラフト&アーツのブログです。
0

汎用旋盤で丸い額を制作中です その3

9月からパンタレイ・クラフト&アーツで始まる、イラストレーター なかの真実さんの原画展に向け、汎用旋盤で丸い額を作りました。
こちらの丸い額、年明けから着手していましたが、裏面の留め方をどうしようかと家人が考え中だったため、外枠を制作した後、結構間があきましたが、ようやく再始動…!

大田区 池上 パンタレイ panta rhei イワキ精工 額 汎用旋盤


よろしければ、過去の制作過程もご覧ください~。
汎用旋盤で丸い額を制作中です
汎用旋盤で丸い額を制作中です その2

後ろの留め金具は、額の裏面によく使われている“トンボ”を使うのかな?と思いきや、家人曰く「壁に掛けたときに安定が悪いから…」と、旋盤加工で制作。
長い棒材の片面を加工して、切り落とす、みたいな作業を繰り返し、その後1個ずつ裏面の加工をします。

大田区 池上 パンタレイ panta rhei イワキ精工 額 汎用旋盤


大・中・小と三種類の額を作ったので、まあまあ金具の数が必要なことに後から気づき、家人氏途中で「あれ、これ結構大変だな…」とつぶやいておりました。

加工中は、もちろんそばで工場長が制作工程を見守る…(笑)

大田区 池上 パンタレイ panta rhei イワキ精工 額 汎用旋盤 工場長


留め金具を作ったら、額本体にネジ穴あけ。

大田区 池上 パンタレイ panta rhei イワキ精工 額 汎用旋盤


タップ立てには神経使います。(私めは過去に何度もタップを折ってしまったことがあります…繊細な作業です…)

 

ちなみに、大サイズと中サイズは額本体が真鍮製、裏板がアルミ製。
小サイズは額本体も裏板もアルミ製です。

大田区 池上 パンタレイ panta rhei イワキ精工 額 汎用旋盤


額本体と裏板、留め金具に表面処理などをほどこして、完成しました!
早速、作家のなかの真実さんからお預かりしていた丸い絵を額装してみましたよ。

写真は中サイズの額です。アクリル板入り。

大田区 池上 パンタレイ panta rhei イワキ精工 額 汎用旋盤 なかの真実


なかのさんが描いたお魚が金にめっちゃ映える!!!
家人は制作前、潜水艦の窓みたいになったら面白いかなと言ってましたが、そんな雰囲気も伝わるような!

そして裏面もかわいくないですかー!?

大田区 池上 パンタレイ panta rhei イワキ精工 額 汎用旋盤 なかの真実


展示販売は9月1日から。皆様ぜひご高覧くださいね。



なかの真実 原画展
「よく観る・たくさん見る・なんども視る」

会期:2018年9月1日(土)~30日(日)
※土・日のみオープンです。
時間:12:00-19:00
場所:Accessories and Arts Gallery Panta Rhei Craft&Arts
東京都大田区池上3-4-9 2F
東急池上線 池上駅より徒歩7分
パンタレイまでのアクセスはこちらをご覧ください。

なかの真実Websiteはこちら→クリック
スポンサーサイト



該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する