FC2ブログ

Panta Rhei Craft&Arts

東京都大田区池上のギャラリー パンタレイ・クラフト&アーツのブログです。
0

第24回マルカフェ美術部に参加してきました+棕櫚 第6号

週末、久しぶりに東急池上線 御嶽山駅からすぐのMalu Cafeへ。
マルカフェ美術部に参加してきました。

マルカフェ malucafe 美術部 御嶽山 東急池上線


この日のテーマは「マルカフェ美術部やマルカフェ営業用看板を作ろう」。
初めての看板製作です。

何か持って行った方がいいのかなぁー、でもあんまり絵の具の持ち合わせはないんだよな…と考えた結果、以前自宅の暗室の壁と天井を塗った黒ペンキを少し持っていくことにしました。
あと油絵の具のかたまりと、キラキラしたマニキュアも。

あまり決まっていなくてもなんとなく進んでいくのがマルカフェ美術部。(たぶん合ってると思われる)
皆さんのんびり、マイペースに制作していきます。

マルカフェ malucafe 美術部 御嶽山 東急池上線


と思いきや、すっごい緻密に作っていたり。こちらは美術部の看板になる途中過程。

途中でお昼ご飯もいただきました。

 

豚の角煮と丸いお餅のお雑煮、超美味しかったです!
豚の角煮は骨付きでスペアリブみたいな。ほっぺた落ちます。

さてこの日の目的でもあった、マルカフェ文藝社 発行の「棕櫚shuro第六号」もゲット。

棕櫚 マルカフェ malucafe 文藝社 御嶽山 東急池上線



「棕櫚shuro第六号」の表紙・裏表紙を描かれた、なかの真実さんが原画を持ってきてくださっていて、生で拝見することができました。

棕櫚 マルカフェ malucafe 文藝社 御嶽山 東急池上線 なかの 真実


間近で見るとさらに興奮します。皆様、Malu Cafeでぜひご覧くださいませ。

棕櫚 マルカフェ malucafe 文藝社 御嶽山 東急池上線 なかの 真実


私、パンタレイの人間の方の店長も、武藤麻衣という名前で写真とお話を掲載いただいています。若干胸糞の悪いお話『軽蔑』。

お蔵入りになっている映像があり、それをそろそろ使えないかなあと思いながら書いたお話です。

棕櫚 マルカフェ malucafe 文藝社 御嶽山 東急池上線 パンタレイ 武藤麻衣


しかしながらそんな映像を作ったところで不快感しかないかもしれない。なんの意味があるのかも現状わかっていません。
当時、プレゼンで見た助手が泣いて怒っていたけれど、その時の私は何も感じられなかった。
今の私ならその時の私を軽蔑する、かもしれない。
正しい、正しくないは当たり前に形を変えるんだなあと思う。年取ったんですかね。
もう少し時間をかけて消化(昇華ではなく消化…)したいですね。

一足先にマルカフェ美術部を抜けさせていただいて(制作した看板たちの完成は見れず…、また今度Malu Cafeへお伺いした際に拝見したいと思います)、3月にパンタレイ・クラフト&アーツで個展をしてくださる写真家 川合穂波さんと打ち合わせへ。
制作中の写真集も順調のようです!楽しみですね~。

パンタレイ panta rhei 東急池上線 池上 ギャラリー 川合穂波


パンタレイ製 黒皮鉄の額も使っていただくことになりました。
川合さんの写真ときっと相性良いはず…!こちらも楽しみです。

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。