FC2ブログ

Panta Rhei Craft&Arts

東京都大田区池上のギャラリー パンタレイ・クラフト&アーツのブログです。
0

「デザインの日常 Vol.1 500人のコップ展」を見て来ました!

松屋銀座7階のデザインギャラリー1953にて開催中の、第738回デザインギャラリー1953企画展「デザインの日常Vol.1 500人のコップ展」を見に行って来ました。

“東京の美術系大学に在学するデザイン学科の学生とベテランデザイナー、クリエーターの方々を対象として、実際に家でつかっているコップを集め、それらを一堂に展示”という企画だそうで。
詳細は公式サイトへ→クリック

神谷麻理子 ひげぶくろ グラス 切子 コップ 猫 ねこ なかの真実 松屋銀座


実は挿絵画家・絵本作家の なかの真実さんが、パンタレイでもお取り扱い中の「ひげぶくろ」というグラスを出品して下さったのです…!(まことにありがとうございますー!)

「ひげぶくろ」は愛知県の切子作家 神谷麻理子さんが制作している切子グラスです。
絵柄部分はダイヤモンドホイールと砥石でカットしています。

神谷麻理子 ひげぶくろ グラス 切子 猫 ねこ パンタレイ 大田区 池上

ひげぶくろ グラス

このグラスは以前、小説家・中川マルカさんがなかのさんのお誕生日プレゼントにと、パンタレイでお買い求めくださったもので。巡り巡ってなぜだか今銀座に鎮座している「ひげぶくろ」が、ちょっとおもしろすぎました(笑)

神谷麻理子 ひげぶくろ グラス 切子 コップ 猫 ねこ なかの真実 松屋銀座


切子作家の神谷さんより「ぶくろの雄姿を見てきて!!!」と仰せつかっておりましたので、ガン見してきましたよ。

神谷麻理子 ひげぶくろ グラス 切子 コップ 猫 ねこ なかの真実 松屋銀座


おおー、ひげぶくろいるいる!(なぞにテンション上がる)
500個のコップに混ざっても光る「ひげぶくろ」のデザイン、やっぱすっごいかわいいんじゃないか!?なんて思ったり。

神谷麻理子 ひげぶくろ グラス 切子 コップ 猫 ねこ なかの真実 松屋銀座


しかし人様が普段使っているコップをまじまじと一堂に見られる機会って稀ですね。
本気で、大真面目に展示してあるのでなかなかシュールな絵でした。愉しかったです。

神谷麻理子 ひげぶくろ グラス 切子 コップ 猫 ねこ なかの真実 松屋銀座


銀座へお立ち寄りの際は、松屋銀座へもぜひ!

第738回デザインギャラリー1953企画展「デザインの日常 Vol.1 500人のコップ展」
会期:2017年9月13日(水)~10月9日(祝・月)午前10時〜午後8時・最終日午後5時閉場・入場無料
会場:松屋銀座7階・デザインギャラリー1953
主催:日本デザインコミッティー
協力:女子美術大学、多摩美術大学、東京藝術大学、東京造形大学、武蔵野美術大学
展覧会担当:永井一史、柴田文江



ちなみに神谷麻理子さん制作の切子グラスは、「ひげぶくろ」以外にもいくつかパンタレイにてお取り扱いしております。
猫物ですと、例えばこういったグラスも。

 
ねこ グラス

パンタレイHPの方でもご紹介しています。こちらも是非一度のぞいてみて下さいね。→クリック
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する