FC2ブログ

Panta Rhei Craft&Arts

東京都大田区池上のギャラリー パンタレイ・クラフト&アーツのブログです。
0

コルメキッサ企画展「la chambre」に行って来ました。

コルメキッサさんの企画展「la chambre」を見に、
渋谷のギャラリー LE DECOへ行って来ました。

LE DECO ルデコ コルメキッサ ラシャンブル 渋谷


中に入ると赤いドアが出現!
絵画、人形、彫刻…と様々な作品を手掛けていらっしゃる
山本じんさんの作品です。

LE DECO ルデコ コルメキッサ ラシャンブル 渋谷 山本じん


初日に見に行かれたMaluCafeさんから「ドアがさくさくしている」との
情報を頂いていましたが、なるほど本当にさくさくしている…!
「さくさく」からビスケットを連想していたのですが
歯触りの良さそうなウエハースでした。
艶やかな赤いチョコレートをかけたウエハース的ドア。かな。
実際に見て、素材を知ると更に楽しいです。

LE DECO ルデコ コルメキッサ ラシャンブル 渋谷 山本じん


ドアから覗いて見えた世界は、何故だかミニチュアに見えました。
そして様々な作家さんの作品が更にキラキラして見える。
非日常に切り替えるスイッチみたいなドアでした。

 

巨人ごっこもしてみたり。

LE DECO ルデコ コルメキッサ ラシャンブル 渋谷 絵画 人形 永見由子 こまつたかし


 

赤いドアを抜けて迷い込んだ世界は隅々まで楽しい。
走り出してしまいそうなワクワク感。(迷惑なのでしないけれど…)

この展示を最後に、ルデコビルは改装工事に入るそうです。
そんな劇的なタイミングの展示だったからか、19日(土)には
山本じんさんと、ギャラリー LE DECOのオーナー島中文雄さんの
トークショーが開催されていました。

LE DECO ルデコ コルメキッサ ラシャンブル 渋谷 山本じん 島中文雄 トーク


コルメキッサの店主 坂本さんから、
こんな機会はそうそうない!と伺い、絶対行くと決めておりましたが…
いやー、行って良かった。
トークショーで今回の展示が「部屋」をテーマにしていると聞き
2月に青葉台の自宅で開催されていた
コルメキッサさんの展示を思い出しました。
(当ブログでもレポートを書かせて頂きました…→2016.2.26 ブログ
ギャラリーの展示って無機質になりがちだと思うのですが
(すましていると言いますか、他人行儀と言いますか…)
めちゃくちゃ個人的な匂いがし、所狭しと配置された
人形、服、絵画、何かわからない変な物…
それらが密集してすごいパワーを発していました。
とても自然な形で「おかしい」を作り上げられていた。
何も無理をしていない「おかしい」は純粋で無邪気でおもしろかった。
それをここLE DECOでもやろうとしているんだなと感じました。

「展示」の定型に懐疑的であること、
アーティストはどう見せるかを考えるべきだということ、
じんさん、島中さん、司会進行の坂本さんの3人がお話されることは
共感できる部分が多く、すんなりと頭の中に入ってきました。
パンタレイを始めてまだほとんど間がないのにも関わらず、
既に色々なことに迷ったり困ったりしていたところだったので
ふわりと背中を押して頂いたような(勝手にそう思っている笑)
元気をもらったような、そんな貴重な時間でした。




有り難くも、じんさんと島中さんに、少しお話をお伺いすることができ
ギャラリーを始めたばかりだとお伝えしたところ、
お2人とも「とにかく自分が楽しいと思えることをやった方がいい」と
同じことをおっしゃっていたのが印象的でした。
島中さんの実体験に基づくお話はもっともっとお伺いしたいくらいで、
ハングリーといいましょうか挑戦的な姿勢には感動すら覚えました。
(長々とおひきとめし、申し訳ありませんでした!ありがとうございました。)
私も、もっと軽やかに動けるようになろう…そう思いましたね…。
現状ガッチガッチだと思いますもん…。

LE DECO ルデコ コルメキッサ ラシャンブル 渋谷 山本じん 人形

「La Poupée 18」、Yamamoto Jin、1985年4月26日(※作品裏署名より)

トークショーの間、ずっと山本じんさんに寄り添うように置かれていた
じんさんが制作されたという人形。
この日いらしていたお客様が25年ほど前、作者ご本人から
ご購入した作品だそうです。
撮影してもよろしいですかとお尋ねしたところ
どうぞとおっしゃって下さり、わーこれは…細部もすごい…と撮影。
快く承諾して下さり、ありがとうございました。
人形も素晴らしいのですが、クロアゲハ、セミ、セミの抜け殻、蜂の巣…
こういうものが違和感なく一緒に箱に収まっているのがすごい。

 

どうしても欲しいと思ったのだそうで、破格の値段で譲って頂いたとか。
その頃じんさんは、この人形のように欠損していたり、
切断されていたりする等身大規模の人形も手がけていらしたそうです。
等身大規模……!? 想像だけで卒倒する。
とても気になってしまい、この作品を持参してくださった方に
ツイッター経由でお話を伺ってしまいました。
等身大でつくられた切断された人体から鉱物や花、
ガラスの破片が飛び出しているという作品だったそうで
近寄りがたいほどのオーラを放っていたとのこと。
残酷で狂ったようでそれでも美しいと…。

LE DECO ルデコ コルメキッサ ラシャンブル 渋谷 山本じん 人形


この作品から私は「柔らかな痛みの思い出」なんかを連想していました。
しかし、そんな生優しいものではない激情が水面下に潜んでいるのかもしれません。
等身大規模の作品、打ちのめされそうな怖いもの見たさだったりもしますが
すごく見たい…。

それから先日コルメキッサさんに伺った際に見せて頂いた
山本じんさんの絵本をお迎え。すっかりファンになってしまいましたね(笑)

山本じん 寮美千子 絵本古事記 よみがえり イザナギとイザナミ


絵本古事記「よみがえり イザナギとイザナミ」
「Panta Rhei Craft&Artsへ」とサインを入れて頂いてしまいました!

 

サインをもらったのは初めてかもしれない。
嬉しいやら照れるやら。じっくり堪能させて頂きます。



ギャラリールデコリニューアル前の最後を飾る、
コルメキッサ企画展~la chambre~
27日(日)までだそうです!皆様是非!
期間:2016年3月15日(火)~27日(日) 11:00-19:00
※21日(月)はお休み
会場:渋谷 ギャラリーLE DECO 1階
東京都渋谷区渋谷3-16-3 ルデコビル1F コルメキッサ
参加作家様:青の羊 at rooming 岩室恵子 H.mildblud おぐらとうこ onomatopee 金田アツ子 化甫 かわい金魚 くるはらきみ 黒木こずゑ こまつたかし zukingdom 題府洋子 田村陽子 てらなおみ 永見由子 Noe 野村直子 Butter Bur 8号室 はるかきみへ 緋衣汝香優理 日野まき pink rosette 深瀬優子 藤本晶子 森川キヲ ヤブウチマリ 山本じん 山吉由利子 ヤン・プッペ Yu-Ki lacepot 協力 ラ・バンチュール 五十音順 敬称略
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する