FC2ブログ

Panta Rhei Craft&Arts

東京都大田区池上のギャラリー パンタレイ・クラフト&アーツのブログです。
0

汎用旋盤で丸い額を制作中です その2

丸い額を汎用旋盤で作っております。

アルミ製の丸い額の次は、真鍮製を制作しました。
汎用旋盤職人の家人がせっせと削っていきます。

イワキ精工 蒲田 パンタレイ panta rhei 大田区 池上 ギャラリー 額 旋盤


硬いから削りカスもパラパラしてるなぁーと、最近ちょこっと現場仕事(NC旋盤)を始めた人間店長は思いました。
汎用旋盤は怖すぎて無理です。家人は眼球にキリコが刺さって、ふんっと自分で抜いたりするそうです。
ちょっと意味がわからない。

イワキ精工 蒲田 パンタレイ panta rhei 大田区 池上 ギャラリー 額 旋盤


真鍮製のものも、つるりとシンプルにいたしました。
前回作ったアルミ製のものより一回り、二回り大きいサイズの額になりました。

イワキ精工 蒲田 パンタレイ panta rhei 大田区 池上 ギャラリー 額 旋盤


次は裏板制作。裏板はアルミ製です。
アルミ板を切るのにコンタマシーンが久々に登場!
私めもトタン板や木を切るのに使っていたので、なんだか懐かしいコンタマ君。その節はお世話になりました。

イワキ精工 蒲田 パンタレイ panta rhei 大田区 池上 ギャラリー 額 旋盤


板もまとめて丸く削っちゃいます。
飛びそうで怖いわーと毎度思います。

イワキ精工 蒲田 パンタレイ panta rhei 大田区 池上 ギャラリー 額 旋盤


家人が歯医者で歯を削られながら段取りを考えたという裏板制作、無事すべて完了です。
まだ表面を磨いてきれいにしたりはしますけど、ひとまず形になってよかった。

 

あとは裏板の固定とか、足とか、壁掛け用の金具とかですね。いい方法を思いつかないと。
ね、工場長!

「うむ。」

イワキ精工 蒲田 パンタレイ panta rhei 大田区 池上 ギャラリー ねこ 猫 工場長


イワキ精工には工場長以外にも、名誉会長のざぼんさんが常時重鎮中。
お客さんに愛想をふりまいてくれ、接客上手です。さすが会長、人たらし。

イワキ精工 蒲田 パンタレイ panta rhei 大田区 池上 ギャラリー ねこ 猫 ざぼん


工場長と会長の特集記事、そのうち書きたいなぁ…笑。そうだ、警備員もご紹介したいです。

スポンサーサイト
0

第24回マルカフェ美術部に参加してきました+棕櫚 第6号

週末、久しぶりに東急池上線 御嶽山駅からすぐのMalu Cafeへ。
マルカフェ美術部に参加してきました。

マルカフェ malucafe 美術部 御嶽山 東急池上線


この日のテーマは「マルカフェ美術部やマルカフェ営業用看板を作ろう」。
初めての看板製作です。

何か持って行った方がいいのかなぁー、でもあんまり絵の具の持ち合わせはないんだよな…と考えた結果、以前自宅の暗室の壁と天井を塗った黒ペンキを少し持っていくことにしました。
あと油絵の具のかたまりと、キラキラしたマニキュアも。

あまり決まっていなくてもなんとなく進んでいくのがマルカフェ美術部。(たぶん合ってると思われる)
皆さんのんびり、マイペースに制作していきます。

マルカフェ malucafe 美術部 御嶽山 東急池上線


と思いきや、すっごい緻密に作っていたり。こちらは美術部の看板になる途中過程。

途中でお昼ご飯もいただきました。

 

豚の角煮と丸いお餅のお雑煮、超美味しかったです!
豚の角煮は骨付きでスペアリブみたいな。ほっぺた落ちます。

さてこの日の目的でもあった、マルカフェ文藝社 発行の「棕櫚shuro第六号」もゲット。

棕櫚 マルカフェ malucafe 文藝社 御嶽山 東急池上線



「棕櫚shuro第六号」の表紙・裏表紙を描かれた、なかの真実さんが原画を持ってきてくださっていて、生で拝見することができました。

棕櫚 マルカフェ malucafe 文藝社 御嶽山 東急池上線 なかの 真実


間近で見るとさらに興奮します。皆様、Malu Cafeでぜひご覧くださいませ。

棕櫚 マルカフェ malucafe 文藝社 御嶽山 東急池上線 なかの 真実


私、パンタレイの人間の方の店長も、武藤麻衣という名前で写真とお話を掲載いただいています。若干胸糞の悪いお話『軽蔑』。

お蔵入りになっている映像があり、それをそろそろ使えないかなあと思いながら書いたお話です。

棕櫚 マルカフェ malucafe 文藝社 御嶽山 東急池上線 パンタレイ 武藤麻衣


しかしながらそんな映像を作ったところで不快感しかないかもしれない。なんの意味があるのかも現状わかっていません。
当時、プレゼンで見た助手が泣いて怒っていたけれど、その時の私は何も感じられなかった。
今の私ならその時の私を軽蔑する、かもしれない。
正しい、正しくないは当たり前に形を変えるんだなあと思う。年取ったんですかね。
もう少し時間をかけて消化(昇華ではなく消化…)したいですね。

一足先にマルカフェ美術部を抜けさせていただいて(制作した看板たちの完成は見れず…、また今度Malu Cafeへお伺いした際に拝見したいと思います)、3月にパンタレイ・クラフト&アーツで個展をしてくださる写真家 川合穂波さんと打ち合わせへ。
制作中の写真集も順調のようです!楽しみですね~。

パンタレイ panta rhei 東急池上線 池上 ギャラリー 川合穂波


パンタレイ製 黒皮鉄の額も使っていただくことになりました。
川合さんの写真ときっと相性良いはず…!こちらも楽しみです。

0

汎用旋盤で丸い額を制作中です

パンタレイ・クラフト&アーツの本業、旋盤屋の有限会社イワキ精工にてちょっと作業しますよーと、連休ですが家人とともに出勤いたしました。

イワキ精工 蒲田 パンタレイ panta rhei 大田区 池上 ギャラリー ねこ 猫


着いたらばイワキ精工の名誉会長(?)ざぼんさんがお出迎え。
超デレてくださる奮発っぷり。

ざぼんさんの息子、ざぼんジュニア氏も、最近工場勤務し始めました(笑)。

イワキ精工 蒲田 パンタレイ panta rhei 大田区 池上 ギャラリー ねこ 猫


若さゆえのふてぶてしさ。体もでかいよね。
顔は恐ろしげですが、お父さんのざぼんさんが大好きなようで、たいがいべったり近くにいるざぼんジュニア氏。
たまにざぼんさんにウザがられてます。

さて本日作ったのはアルミ製の丸い額。

イワキ精工 蒲田 パンタレイ panta rhei 大田区 池上 ギャラリー 額 旋盤


今年の秋に展示してくださる作家さんに使っていただく額です。
大まかな図面から、品物を削りつつ細かい形を決めていきます。

イワキ精工 蒲田 パンタレイ panta rhei 大田区 池上 ギャラリー 額 旋盤


作業をしていると「なになに~?」と近づいてくる工場長。
実は工場長、昨年末より皮膚炎が悪化しています。
病院の薬のおかげで少し良くなってきましたが、まだまだひどく、カラー着用中です。

イワキ精工 蒲田 パンタレイ panta rhei 大田区 池上 ギャラリー ねこ 猫 工場長


よくカラーを引っ掛けて「む、進めん…」となっており、見ていてつらい。
はやく治ってほしい…。

かゆい意外は元気そうで、相変わらず部下の近くで見守る工場長氏。
着用しているカラーはぞうさん柄です。

イワキ精工 蒲田 パンタレイ panta rhei 大田区 池上 ギャラリー ねこ 猫 工場長


ひとまず額本体ができました。
家人とあーでもないこーでもないと相談した結果、やっぱりシンプルなのがいちばんだわねと。
こちらのアルミ製額の他に、真鍮製も制作予定です。

イワキ精工 蒲田 パンタレイ panta rhei 大田区 池上 ギャラリー 額 旋盤


裏板と、自立用の足、壁掛け用のフックなどなどはまた後日作りますよー。

0

[アート]小さな額ネックレスのご紹介+ねこ少し

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。
ご来店くださった皆様、そして当店にて展示くださった作家の皆様に御礼を申し上げます。
本年もなにとぞよろしくお願いいたします。

干支とは全然関係ないですが、猫さんでごあいさつをば。
お正月なので餅のように白い二匹を。パンタ氏(右)とレイちゃん(左)。

パンタレイ panta rhei 大田区 池上 ギャラリー ねこ 白猫


カメラを向けるとだいたい超デレポーズをとってくれる、女優(?)なひかる子さんものっけてしまえ。
こちらは人間の方の店長が溺愛中です。

パンタレイ panta rhei 大田区 池上 ギャラリー 猫 ねこ ひかる


猫店長ダミアン氏も相変わらず元気にしております。
(やんちゃすぎて粗相をして怒られたりもしていますが…)
めずらしくちょっとイケメンに撮れた。

パンタレイ panta rhei 大田区 池上 ギャラリー 猫 ねこ 猫店長 ダミアン


さて、私めは寝正月をしつつちょこちょこ雑用をしております。
昨年末にアップしきれなかったシルバー製・真鍮製の額ネックレス、すべてHPに掲載いたしました!
越智健仁さん制作のとっても小さな原画を、パンタレイにて原型制作、鋳造した小さな額で額装した作品です。

パンタレイ・クラフト&アーツHPアートカテゴリーをぜひのぞいてみてくださいませ。→クリック

越智健仁 犬 動物 絵画 パンタレイ panta rhei 大田区 池上 ギャラリー 額

「ダルメシアン」 原画:越智健仁、額・チェーン:シルバー製

まずは「ダルメシアン」。今年は戌年、縁起物ですね!

続いて「花と蝶」「馬」
金色は真鍮製、銀色はシルバー製です。

 
左「花と蝶」 原画:越智健仁、額・チェーン:真鍮製右「馬」 原画:越智健仁、額・チェーン:シルバー製

それからカラフルな「インコ」ちゃん。サイケな羽がかわいいのです。
特別な装いにプラスしてみてはいかがでしょうか?

越智健仁 インコ 動物 絵画 パンタレイ panta rhei 大田区 池上 ギャラリー 額

「インコ」 原画:越智健仁、額・チェーン:真鍮製

パンタレイの2018年最初の店舗営業は3月3日(土)からを予定しております。
それまではしばしお休みです。
※店舗休業中もHP、オンラインストアは稼働しております。

今年もゆったりとしたペースでアート関連の企画展を行っていきたいと思います。
どうぞお楽しみに!

該当の記事は見つかりませんでした。