FC2ブログ

Panta Rhei Craft&Arts

東京都大田区池上のギャラリー パンタレイ・クラフト&アーツのブログです。
0

なかの真実 原画展に向け額装作業中です[その3]

なかの真実さんの原画展「よく観る・たくさん見る・なんども視る」開催まで、あと20日ほどとなりました。
引き続き、額装準備を行なっております。

お預かりしていたなかのさんの植物の原画11点のうち、4点を四つ穴マットで額装!

大田区 池上 パンタレイ panta rhei ギャラリー なかの真実 mamimals 原画


だいぶ前に家人がゲットしてきた木製の額がちょうどよさげな大きさだったので、使ってみました。
この4点は額無し、原画のみでの販売です。

その他の植物の原画7点は、額・マット付きにて販売いたします。

 

ちなみにこちらの植物の絵は、ムック「超危険生物」(新星出版社)に掲載されている原画なのだとか。
ぜひ本の方もチェックしていただきたい!

それから、なかのさんが年賀状のイラストのお仕事で制作された原画の額装も行いました。
来年の干支、イノシシです。
額を塗装するにあたり、何色が良いのかしらと最後まで迷った3点。

大田区 池上 パンタレイ panta rhei ギャラリー なかの真実 mamimals 原画


うり坊ちゃん達は、シルバーを混ぜた緑色に、凛々しい子達は、爽やかかつ可愛いらしい色にいたしました。

大田区 池上 パンタレイ panta rhei ギャラリー なかの真実 mamimals 原画


絵の具をペタペタ触るのはやはり楽しいですね…。
塗装作業はこれにて完了。どんな空間が出来上がるのかなと、今からワクワクしています♪



なかの真実 原画展
「よく観る・たくさん見る・なんども視る」

会期:2018年9月1日(土)~30日(日)
※土・日のみオープンです。
時間:12:00-19:00
場所:Accessories and Arts Gallery Panta Rhei Craft&Arts
東京都大田区池上3-4-9 2F
東急池上線 池上駅より徒歩7分
パンタレイまでのアクセスはこちらをご覧ください。

なかの真実Websiteはこちら→クリック

スポンサーサイト
0

汎用旋盤で丸い額を制作中です その3

9月からパンタレイ・クラフト&アーツで始まる、イラストレーター なかの真実さんの原画展に向け、汎用旋盤で丸い額を作りました。
こちらの丸い額、年明けから着手していましたが、裏面の留め方をどうしようかと家人が考え中だったため、外枠を制作した後、結構間があきましたが、ようやく再始動…!

大田区 池上 パンタレイ panta rhei イワキ精工 額 汎用旋盤


よろしければ、過去の制作過程もご覧ください~。
汎用旋盤で丸い額を制作中です
汎用旋盤で丸い額を制作中です その2

後ろの留め金具は、額の裏面によく使われている“トンボ”を使うのかな?と思いきや、家人曰く「壁に掛けたときに安定が悪いから…」と、旋盤加工で制作。
長い棒材の片面を加工して、切り落とす、みたいな作業を繰り返し、その後1個ずつ裏面の加工をします。

大田区 池上 パンタレイ panta rhei イワキ精工 額 汎用旋盤


大・中・小と三種類の額を作ったので、まあまあ金具の数が必要なことに後から気づき、家人氏途中で「あれ、これ結構大変だな…」とつぶやいておりました。

加工中は、もちろんそばで工場長が制作工程を見守る…(笑)

大田区 池上 パンタレイ panta rhei イワキ精工 額 汎用旋盤 工場長


留め金具を作ったら、額本体にネジ穴あけ。

大田区 池上 パンタレイ panta rhei イワキ精工 額 汎用旋盤


タップ立てには神経使います。(私めは過去に何度もタップを折ってしまったことがあります…繊細な作業です…)

 

ちなみに、大サイズと中サイズは額本体が真鍮製、裏板がアルミ製。
小サイズは額本体も裏板もアルミ製です。

大田区 池上 パンタレイ panta rhei イワキ精工 額 汎用旋盤


額本体と裏板、留め金具に表面処理などをほどこして、完成しました!
早速、作家のなかの真実さんからお預かりしていた丸い絵を額装してみましたよ。

写真は中サイズの額です。アクリル板入り。

大田区 池上 パンタレイ panta rhei イワキ精工 額 汎用旋盤 なかの真実


なかのさんが描いたお魚が金にめっちゃ映える!!!
家人は制作前、潜水艦の窓みたいになったら面白いかなと言ってましたが、そんな雰囲気も伝わるような!

そして裏面もかわいくないですかー!?

大田区 池上 パンタレイ panta rhei イワキ精工 額 汎用旋盤 なかの真実


展示販売は9月1日から。皆様ぜひご高覧くださいね。



なかの真実 原画展
「よく観る・たくさん見る・なんども視る」

会期:2018年9月1日(土)~30日(日)
※土・日のみオープンです。
時間:12:00-19:00
場所:Accessories and Arts Gallery Panta Rhei Craft&Arts
東京都大田区池上3-4-9 2F
東急池上線 池上駅より徒歩7分
パンタレイまでのアクセスはこちらをご覧ください。

なかの真実Websiteはこちら→クリック

0

なかの真実 原画展に向け額装作業中です[その2]

9月から始まる、なかの真実さん原画展に向け、引き続き準備しております。

パンタレイでは初めて使ってみました、丸窓のマット!
Roonee 247 fine artsさんにお願いして作っていただいた丸窓のマット、素敵でございます…。
赤いキノコさんを額装してみましたところ、すんごい可愛い。

大田区 池上 パンタレイ panta rhei ギャラリー なかの真実 mamimals 原画


仕上げに、マットになかのさんのサインを入れていただく予定です。
完成が楽しみ。

丸窓さんたち超可愛いくなりそうじゃないと、テンションがかなり上がったところで、全力で攻めますよという勢いで、6匹の猫たちに合わせて額を塗装いたしました。

大田区 池上 パンタレイ panta rhei ギャラリー なかの真実 mamimals 原画 猫 cat


なかのさんが描いた、色んな表情のかわいい猫さんたち。
性格もさまざまな気がいたします。
元気!って子もいるし、シャイなんだろうなーって子もいるし、気難しそうな子や、くそ真面目そうな子もいる(笑)

壁に並んだらさぞ賑やかでしょうね。

大田区 池上 パンタレイ panta rhei ギャラリー なかの真実 mamimals 原画 猫 cat


猫さんたちそれぞれの、いかにもしゃべりそうなこととかを想像しつつ塗っていたら、なんだかやたら派手に…。
6レンジャー的なイメージだったのでね、ポップな色使いましたよ。

大田区 池上 パンタレイ panta rhei ギャラリー なかの真実 mamimals 原画 猫 cat


塗るのめちゃくちゃ楽しかったです。

大田区 池上 パンタレイ panta rhei ギャラリー なかの真実 mamimals 原画 猫 cat


この子たちもサイン入れ待ちなので、額に入れるのはまた後日。
早く並べたいなー。

皆様、9月の会期をどうぞお楽しみに!



なかの真実 原画展
「よく観る・たくさん見る・なんども視る」

会期:2018年9月1日(土)~30日(日)
※土・日のみオープンです。
時間:12:00-19:00
場所:Accessories and Arts Gallery Panta Rhei Craft&Arts
東京都大田区池上3-4-9 2F
東急池上線 池上駅より徒歩7分
パンタレイまでのアクセスはこちらをご覧ください。

なかの真実Websiteはこちら→クリック

0

なかの真実 原画展に向け額装作業中です

9月より開催の、イラストレーター なかの真実さんの原画展に向け、現在少しずつ準備中です。

大田区


今回は、パンタレイ製の額で、たくさんの作品を額装させていただくことになりまして!
汎用旋盤で制作した真鍮製&アルミ製の丸い額や、ネックレスやブローチになる小さな額、それからパンタレイで塗装した額など、色々用意しております。

そんな訳で、お預かりしている原画に合わせ、まずは小さめの額を塗装しました。
ハリネズミくんは、なぜか迷いなく「紺だな」と思い込んだので、この子を最初に塗装…。

大田区


水彩の赤が印象的だったカエルは、ターコイズブルー。
「ぴよ!」と言い出しそうな、超かわいいヒヨコちゃんは、ビビットなフタロブルーを合わせてみました。

大田区


続いて、水彩で描かれた植物シリーズ用の額も塗装。
こちらの作品たちは、色づかいがとても上品…!
なのでシックな色にしようと、下地の黒を活かしつつ、濃い青紫や赤紫、暗めの緑青などで塗装いたしました。

大田区


マットは、いつもお世話になっている、Roonee 247 fine artsさんで作っていただきました。
厚みも、サイズも全てカスタムしてオーダーできますし、縁がかなり薄いオーダーも受け付けてくださる有難いお店です。

はめるとやっぱり俄然かっこいい。マットって大事だなぁーとつくづく思います。

大田区


展示開催まであと2ヶ月。皆様どうぞお楽しみに!
展覧会の詳細は、改めてお知らせいたします。

0

鋳造しました

週末、鋳造しました。

大田区 池上 パンタレイ panta rhei 鋳造 シルバー 真鍮 アクセサリー


まずはワックスツリーの組み立て。
用意したワックスの型に、スプルー立てしていきます。
指輪とか、煮干しとかの品物に、細い丸棒をくっつけていって、それをツリー状に組み立てていくんですね。

大田区 池上 パンタレイ panta rhei 鋳造 シルバー 真鍮 アクセサリー


家人が汎用旋盤の加工に追われていたので、今回は結構私めがスプルーイング、担当しました。
黙々と手を動かせる、無になる作業なので、わりと好き。

ツリーができたら、続いて埋没です。

大田区 池上 パンタレイ panta rhei 鋳造 シルバー 真鍮 アクセサリー


石膏に混ぜる水の分量はいつも迷います…、正解がよくわからない…。
鋳造中も安定の監視スタイルな工場長。足元をウロチョロしつつ。

 

埋没で一晩置いて、翌日は朝早くから釜入れし、6~7時間くらいかけて焼成。
型が焼きあがったら、鋳造本番です。

大田区 池上 パンタレイ panta rhei 鋳造 シルバー 真鍮 アクセサリー


いつも通り、上手くいったり、いかなかったりしますが(笑)、完了してよかったー。

ちなみに、秋に展示をしてくださる、作家さん用の小さな額の方は、ご希望の型を無事に鋳造できました。
あと、切子作家 神谷麻理子さんが送ってくださった、フュージングパーツのリング台も大方成功!
ひとまずホッ。

大田区 池上 パンタレイ panta rhei 鋳造 シルバー 真鍮 アクセサリー 煮干し


煮干しと蓮根は驚異的な成功率の高さ。なぜなの。

大田区 池上 パンタレイ panta rhei 鋳造 シルバー 真鍮 アクセサリー 煮干し


さー、次は整形です!

このカテゴリーに該当する記事はありません。